太陽光パネル洗浄

太陽光パネルを洗浄しませんか?太陽光パネルに付着した、鳥類のフン・埃・塵・砂塵・排気ガス・火山灰・花粉などの汚れは次第に凝固し、頑固な汚れになりますので、発電に必要な可視光透過の妨げになります。
一般のガラスに比べ太陽光パネルは汚れが分りにくく良く見ると汚れが蓄積し凝固しています。ガラスの可視光透過率は90%と言われております。パネルに汚れが付着してくると可視光透過率が70%~50%まで落ちてしまし、その分の発電効率が低下してしまいます。太陽光パネルの洗浄をしないと数年後には固着した汚れによって~20%発電量が低下している現状となります。
 
ソーラーパネルは汚れるの?
設置後のアフターメンテナンスができるかが一番の課題
新品で設置した太陽光パネルの発電効率数値は、各ソーラーメーカーが出しているデータであり、地域ごとに違う汚れなど発電効率の低下については考慮されていません。
発電効率の低下は今後一番問題となるのが、設置後いかに長期に渡り発電効率を低下させないことです。安定した発電の維持ができるかで収益も大きく左右されてきます。
太陽光発電パネルは、太陽に向かって効率よく光吸収ができるよう設置角度が決められますが、どうしても汚れの付着は避けられません。設置後、太陽光パネル清掃をできるか、できないか今後最大の課題になってきます。
設置された太陽パネル(ソーラーパネル)に、花粉や黄砂、鳥の糞などの汚れが付着すると、発電効率が低下するだけではなく、パネル破損などの思わぬ事故につながる可能性もあります。弊社の太陽光パネル洗浄は専用洗浄ブラシを使用し、水を出しながら傷を入れないで洗浄できるできます。※太陽光パネルに傷をつかないことを保証するものではありません。
超微細気泡含有電解水は無薬剤の超高アルカリウォータークリーナーです。水だけの『安全』で『環境に優しく』ecoなアクアクリーニングで地球に負担をかけないメンテナンスです。洗剤成分の残留や再汚染がないため、すすぎができない所でも安全に使用できます。ナノサイズの気泡がもたらす力とアルカリ水の洗浄力のダブルパワーで太陽光に付いたの汚れを剥がします。