フロアクリーニング

フロアクリーニング
お客様が訪問される法人様のフロアが汚れていると、イメージが悪く、お客様に印象が良くありません。お客様にキレイな空間で快適にすごしてもらえるようにフロアクリーニグでイメージUPをしませんか!フロアクリーニングで床にワックスを掛けてフロアをピカピカにします。
ハードフロアのメンテナンスは常に進化を続けています。お客様のフロアをキレイで気持ちいい空間にしませんか。多くの人が土足で出入りすることの多い店舗・オフィスのフロアは汚れやすく、キズも付きやすくなっています。床の美しい光沢のためには定期的なお手入れが肝心。放っておくと汚れが蓄積し、キズなどもつくので復旧不可能な状態になります。
床材に合わせて丁寧に洗浄した後、ワックスを塗布すれば、お部屋の印象がグッと明るくなり、フロアの保護にもなります。フローリングの床、Pタイル床、塩ビシート床等のワックスクリーニング。また耐久性を高めるためのワックス掛けも行います
 

プロがオススメするお掃除メリット

①床を傷めずピカピカにします!
フローリング床の美観を維持するためには、誤ったお手入れでは床を傷めてしまいます。プロのお手入れですっきりピカピカに!
 
②長尺シート、Pタイル、フローリング等にツヤ
床の洗浄後はワックス仕上げを行うので、素材本来のツヤが戻ります。
 
③どんな素材にも対応します!
フローリングだけでなく、化学タイル・クッションフロアなどもお掃除します。 お客様のご家庭に合ったワックスをご提案します。

ワックスの種類

耐久性を重視したワックスになります。ヒールマークが付きにくく、摩耗を最小限に抑え、光沢を長持ちさせます。
抗菌剤配合で細菌の増殖を抑制します。衛生管理を重視する施設のメンテナンスに最適です。
揮発性有機化合物(VOC)や環境ホルモンを含まない、人や環境にやさしいワックスです。
ワックスの塗布できないタイルやセラミックタイル、御影石、コンクリートなどのフロア洗浄サービスです。床材に合わせて、専用機材で隅々まで丁寧に洗浄します。通常のPタイル、長尺シートなどの床も洗浄作業も致します。汚れでお困りに方はお気軽にお問合せください。
選べるワックスで床を保護します。
専用機材で床を洗浄した後、ワックスを塗布します。弊社では環境に良いエコワックス、抗菌ワックス、高耐久ワックスなど、様々なワックスがありますので、施設の用途に合わせてワックスをご提案致します。また、光沢を重視される方、耐久性を重視される方にもご満足いただけるハイグレードなワックスもありますのでお問合せ下さい。フロアのキレイを維持するため、定期清掃がオススメです。

洗浄&ワックス ビフォーアフター

洗浄ワックス作業
before
洗浄ワックスクリーニング
after
薄汚れた廊下をフロア洗浄後、ワックスを塗布しました。表面の汚れが取れて明るさもUP
床本来の美しさを取り戻して部屋が明るく
何度も塗り重ねられ古く劣化してしまったワックスを、床材にやさしいハクリ剤で剥がしてからワックスを2回塗布します。ワックスの内部に汚れが内部に入り込んでしまったり、日焼けして黄変したワックスを剥がすことにより、床が本来の輝きを取り戻してフロアの印象が明るくなり、イメージアップにつながります。

剥離&ワックス ビフォーアフター

before
after
机の移動で配置換えをされた室内。フロア剥離後、ワックスを2層塗布をしました。
before
after
ワックスが黒ずみ、見た目も悪く、フロアも暗く印象が悪い階段でした。ワックスを剥離後、ノンスリップ性があるワックスを塗布。階段が透明感が続くワックスに変わりました。ノンスリップ性もあるため転倒事故防止にもなります。
フロア剥離清掃
before
ワックス剥離清掃
after
トイレの床が見た目も悪く清潔感がない状態でした。ワックスを剥離後、ワックスを塗布。床が見違えるようにキレイになりお客様にも大満足してもらいました。
フロア剥離清掃
before
フロア剥離クリーニング
after
フロアにまだら汚れがあり、フロア剥離後、ワックスを塗布しました。室内フロアが明るくなりイメージUP
定期的に清掃を行うことでキレイな状態を維持し、お客様にも好印象を与えます。
お客様の予算に応じてキレイに維持できるように、訪問回数を決めさせていただき清掃致します。
汚れがひどくならないうちに掃除をすることで、汚れが素材に浸透することを防ぎます。
  1. 清掃箇所周辺の小物は、予め移動いだきますようお願いいたします。
  2. 居住中の場合、冷蔵庫や箪笥など、大型家具の移動は含まれておりません。
  3. 作業には「水」「電気」をお借りいたします。
◆確認事項
 
  • 素材によっては、クリーニングができない場合がございます。
  • 床の素材自体のシミは完全除去できません。
  • 剥離ではなく、通常ワックスの場合、汚れ具合や床の素材によって、「洗浄」または「拭き上げ」のどちらで作業を進めるかは、弊社の判断になります。素材をできるだけ傷めないという観点から「拭き上げ」がメインになりますが、拭き上げでは落ち切れない汚れがある場合は、「部分洗浄」させていただきます。店舗や土足通行がある場所は、洗浄になります。
  • ワックス後のお手入れは、固く絞った水拭き雑巾、または乾いた雑巾をご使用ください。洗剤などを使うと、ワックスが剥がれてしまう可能性があります。