WOCA商品紹介

無垢の木メンテナンス
 

針葉樹の代表的な種類

<杉>
日本人には馴染み深い国産の針葉樹の代表的な木材。産地として有名なのは、秋田、天竜、吉野など。保温性があり、柔らかい足触りも魅力。木目はまっすぐで、辺材は白色、心材は淡紅色から赤褐色。加工しやすいため、造作や家具などにも用いられています。
 
<ヒノキ>
日本を代表する高級材。産地としては木曽が有名。特有の芳香や光沢があり、水にも強く、耐久性もあるため、柱や家具、浴槽などに使用されています。
 
<パイン>
針葉樹の代表的な材。伐採国や地域によって材質や風合い、強度などが異なります。比較的柔らかい材なので、素足で歩く床に向いています。
 
<赤松>
脂分も多く、弾力性や耐久性も良い、日本を代表する材。構造部材にも使われています。
 

ホワイトシリーズは白木などの淡色材に適しています

オイル仕上げは、ほとんどのケースにオススメできる仕上げ方法です。オイルは天然木ならではの自然な木目や木調を際立たせてくれると同時に、汚れに強くかつ耐久性も高めてくれます。あとのメンテナンスも楽にしてくれます。
 
オイル仕上げの淡色広葉樹 マスターオイル・ホワイト仕上げ(白ぽく仕上がります)針葉樹の特徴である『白さ』を求めより無垢に近い仕上げです。

ナチュラルシリーズは濃い色の無垢材に適しています

WOCAオイル仕上げは、ほとんどのケースにオススメできる仕上げ方法です。濃い色の木材には濡れ色仕上げのWOCAオイル(ナチュラル)がオススメです。オイルは天然木ならではの自然な木目や木調を際立たせてくれると同時に、汚れに強くかつ耐久性も高めてくれます。あとのメンテナンスも楽にしてくれます。
 
オイル仕上げの濃色広葉樹 マスターオイル・ナチュラル仕上げ(塗れ色仕上げ)木目をより強調した『濡れ色』仕上げです。
woca